1分閲覧済み
バリ島のヒンドゥー教

バリ島のヒンドゥー教は、インドとは異なる独自のカスタム、土着の信仰、歴史的な影響の組み合わせにより、インドのヒンドゥー教とは異なります。両者はヒンドゥー哲学の共通の基盤を共有していますが、バリ島のヒンドゥー教は地元のバリ島の伝統と結びついており、独自の融合を成し遂げています。



バリでは、ヒンドゥー教はアニミストや先祖崇拝と共存しており、独自の融合信仰を築いています。島の文化、芸術、儀式はヒンドゥーの原則と深く結びついていますが、先住民のバリの霊的な実践とも融合しています。
さらに、バリの孤立、インド亜大陸との隔絶、マジャパヒット帝国の影響など、歴史的な要因が地元のヒンドゥー教を形成する上で重要な役割を果たしました。数世紀にわたり、バリは独自の儀式、行事、寺院建築を発展させ、しばしば伝統的なインドの実践から逸脱しています。


バリのヒンドゥー教はまた、自然と関連する神々への崇拝に強い重点を置いており、強力な稲の女神であるデヴィ・スリを崇拝しています。この農業との関連性は、ヒンドゥー教が島の農耕文化と統合されていることを強調しています。
要するに、バリのヒンドゥー教の独自性は、地元の慣習との統合、インドの主流の発展からの孤立、周辺文化との歴史的な相互作用に由来しています。バリのヒンドゥー教は、広いヒンドゥーの伝統内の適応力と多様性を示すものとなっています。