バリ島では、満月と新月は文化や宗教的な行事において特別な意味を持っています。満月の際には、「プルナマ」として知られる厳かな儀式が行われ、稲と豊穣の女神であるデヴィ・スリを称えます。バリの人々は、月のエネルギーが祈りや儀式をより効果的にし、繁栄と富を促進すると信じています。
一方で、新月の際には「ティレム」と呼ばれる儀式が行われ、精霊たちを慰め、宇宙の秩序を維持するためのバランスを保ちます。新月の暗さは内省を象徴し、儀式は心と魂を浄化するために行われます。
これらの月の位相での祈りは、バリのヒンドゥー教徒にとって重要であり、月のサイクルと精神的な実践を調和させることで神聖な力とのつながりを強化すると考えられています。これは反映、感謝、調和のための祝祭の時であります。
満月と新月のリズミカルな祝典は、自然が文化的な表現と結びついて、独自で魅力的な儀式の模様を作り上げています。